相続

土地について
推定相続人(例:子供)と一緒に現地踏査して下さい。
境界の確認、宅地の場合は進入路が確保してあるか。
口頭ではダメです。持分登記して下さい。

預貯金について
一覧表を作成して下さい。
通帳・証書・印鑑は別々に保管して下さい。(貸金庫利用等)

賃貸契約書について
契約書が亡くなられた方(例:親)のままになっていませんか。
早急に契約書を更新して下さい。

~相続財産を確認することが相続対策の一歩になります。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 9:00〜17:00【平日 9:00~17:00/休日 土日祝日/年末年始/盆の時期】※お問合せフォーム(24時間対応))

083-263-5888